「フロント クラフトステンレス」 塩水噴霧試験1000時間到達!
 ステンレス意匠仕上において驚異の塗膜耐久性を実現しました。

塩害に悩まされる沿岸地に強い、意匠性に優れたステンレス仕上。

潮風が届く沿岸地は、金属にとって塩害による腐食を恐れなければならない場所です。塩害に強い耐食塗装といえば船舶に施されるような性能特化仕様で、美観や意匠性などは望めないもの・・・。そんな既成概念を覆すステンレス意匠仕上が、驚異の性能を実現して登場しました。

フロントの特許仕上製法が描く、新たなステンレスの可能性。

塩水噴霧連続1000時間の耐久性試験をクリアしたこの仕上は、フロント特許製法「FRONTCRAFT®」が実現したもの。ステンレス材に塗装と研磨を重ね職人が表情を付ける手間のかかる仕上ですが、ステンレスとは思えない豊かなカラーと深みが楽しめます。今回の塗膜耐久性の実証で、使用環境を選ばない強さという新しい可能性も手にしました。

JIS規格「塩水噴霧試験」とは。

JIS規格K 5600-7-1塩水噴霧試験は、塩水噴霧試験装置を使用して、中性の塩化ナトリウム溶液を噴霧し耐食性を調べる試験です。今回は試験サンプルに規定の傷(クロスカット)を付け、塩水を1000時間連続噴霧、その後目視による外観チェックと、クロスカット部に粘着テープを用いた塗膜の剥離幅を測定します。当社サンプルの試験結果は、外観異常なし・塗装の剥離も見られない、というものでした。

<試験内容>
塩水噴霧試験(適用:JIS K 5600-7-1):35°C、5%NaCl
連続噴霧(クロスカット入り)
・1000時間:外観異常確認 テープ剥離(剥離幅測定)

塩水噴霧試験1000時間後のサンプル

※ 各団体により規格・基準は異なります。

沿岸地での金属の使用は塩害による腐食を恐れなければならず、たとえ塩害に強い耐食塗装をしたとしても、美観や意匠性は望めませんでした。しかし、今までのイメージを覆すステンレス意匠仕上げは脅威の塗膜耐久性を持ち合わせ、「フロント クラフトステンレス」として登場しました。

そんな「フロント クラフトステンレス」を使用したサインがあるのは、瀬戸内海の青く透き通った海に浮かぶ小豆島に新築されたキャンプサイト。海に囲まれた島は、塩害による被害を恐れなければなりませんでした。ご自宅の建設の際にも弊社の素材を使用してくださった施主様からご依頼を受け、沿岸地に使用可能なクラフトステンレスをご提案したところ、海の真ん中にある島のキャンプサイトのサインに採用してくださいました。クラフトステンレスは塩水噴霧試験による結果から分かる通り、塗膜耐久性の実証で使用環境を選ばない強さを持っており、さらに意匠性も兼ね備えた素材となっています。

キャンプサイトのコンテナとガビオン壁につけられたサインは周りになじみながらも沈まない、クラフトステンレスでなければ成し遂げられなかった表情が、美しい海と豊かな自然にマッチします。

SHIMASTREAMキャンプサイトのInstagramはこちらから: SHIMASTREAM(@shimastream)

フロント クラフトステンレス仕上 施工事例

パネル

麻布ゲストハウス ・CRAFT STAINLESS 特注色 ・ステンレス

パネル

WAILEA Showroom&Shop ・CRAFT STAINLESS 特注色 ・ステンレス 

サッシ

ホテルトラスティプレミア日本橋浜町 ・ZCFC ・CRAFT STAINLESS ・高耐食性メッキ鋼板 ・ステンレス

ドア

ホテルトラスティプレミア日本橋浜町 ・ZCFC ・CRAFT STAINLESS ・高耐食性メッキ鋼板 ・ステンレス

  • 現場レポート
  • PDFダウンロード
  • メディア掲載