金属素材の個性を浮かび上がらせる新手法。
水墨画にも似た深く豊かなグレートーンの
高耐食性メッキ鋼板仕上。

高耐食性メッキの表面に、唯一無二の表情を磨き上げる。

高耐食性メッキ鋼板に、研磨の濃淡によって金属らしい表情を描く。フロントでは、そんな発想のもと、仕上職人による丁寧な手仕事によって同じ表情が二つと無い仕上手法を開発しました。ただ人工的につけた濃淡ではなく、金属のナチュラルな質感をベースに描かれたテクスチャーは、無彩色でありながら見る者を惹きつける奥深さを実現しています。

職人による手仕事のため、上記サンプルのように同じ表情が二つと無い仕上がりです。

塗装と研磨の職人技による特注仕様を新たに規格化。

メッキ層への塗装と研磨の強弱を調整することによって、グレーの中に豊かな階調を表現します。均質な研磨模様とカラーバリエーションが特長の「ZCFC」とは異なり、金属の自然な風合いを活かしつつ狙い通りのグレートーンを浮かび上がらせる職人技。試作を繰り返し人気の特注仕様を規格化しました。

高耐食性メッキ鋼板の性能はそのまま。

フロント特許製法「FRONT CRAFT®」を用いた先行製品 「ZCFC」で培ってきた性能と品質を、このCRAFT N.もそのまま継承。屋外環境で充分な耐候性を長期間維持しますので、外装材・パネル・サッシなどの建築建材として幅広くご利用いただけます。


フロントの特許技術について詳しくはこちら

■ CRAFT N. 工程表

備考

・ 高耐食性メッキ鋼板の板厚は1.6mm、2.3mm、3.2mmです。定尺は最大寸法で1200 x 3000です。
・ 職人による手作りのため、色調、風合いは1枚ごとに多少差異があります。
(サンプルと実際の製品にも差異がでます)
・ 当サンプル以外に特殊な色調も追加料金にて承ります。特注色としてお申し付けください。
・ サンプルは予告なく変更する場合があります。都度、当社までお問い合わせください。
・ 仕上のみの仕事や仕上板の材料売りは請けておりません。ご承知おきください。

CRAFT N.とZCFCの違いについて。

従来の仕上であるZCFCと、そこからさらに金属本来の表情にこだわった新仕上のCRAFT N.には、二つの異なる特長があります。

研磨技術による魅せ方

ZCFCは職人の手によって丁寧に描き出された研磨模様による表情が魅力です。
それに対し、CRAFT N.は複雑な研磨を行うことによって、奥行きと深みを出した金属本来の表情が魅力です。

色調

ZCFCは研磨だけではなく、カラーをしっかりと入れることによって表情を作り出すため、カラーバリエーションが特長です。
それに対し、CRAFT N.は金属の表情を消さないように、グレートーンによって表情を作り出します。研磨模様とグレートーンが調和してできる水墨画のような味わい深い模様が特長です。
例えば左の写真のように、ZCFC (グレー) はどこも均一にグレーのカラーが入っていますが、CRAFT N. (Light) は研磨の濃淡だけでグレートーンを生み出しており、同じ色調でもまったく別の表情になっています。

CRAFT N.と溶融亜鉛メッキリン酸処理の違いについて。

CRAFT N.に類似した仕上として、溶融亜鉛メッキリン酸処理による仕上があげられます。溶融亜鉛メッキリン酸処理は高温で溶かした亜鉛の中に鋼材を浸すことで、金属の表面をメッキで覆ったうえでリン酸処理をかける仕上です。
どちらの仕上も似たような用途で使われることが多いですが、CRAFT N.にしかない魅力があります。

鋼材の厚み

溶融亜鉛メッキリン酸処理はドブづけが高温での処理になり、薄い鋼材がその熱に耐えきれず変形してしまう場合があります。そのため、厚さ1.6mmの鋼材は基本扱うことが出来ません。それに対し、CRAFT N. は1.6mmの鋼材でも使用することが可能です。

意匠性

溶融亜鉛メッキリン酸処理はスパングル(冷却する過程で亜鉛が結晶となった時にできる模様)が現れる時があります。これを意匠として好む人も多くいますが、この模様は必ず出る訳ではありません。
それに対し、CRAFT N.は模様を職人の手作業によって描き出しています。そのため、一つ一つの表情に個性を刻むことが出来ます。

 

CRAFT N. 施工事例